プリザーブドフラワーはドライフラワーに代わる新しい花の長期保存方法です。
ではこのプリザーブドフラワーのメリットはどこにあるのかというと、まず挙げられるのが「外見が極めて美しい」ということです。

これまでのドライフラワーはその製造過程で色が抜けてしまうため、どうしてもくすんだ色になってしまうのが欠点でした。



ですがプリザーブドフラワーの場合は着色液を使って色を直しているために外見が生花とほとんど変わりません。

水をあげる必要も無く、取り扱いがしっかりしていれば何年も花の美しさを保つことが出来るために美しさということでは大きなメリットがあります。



加えて「軽量である」ということも一つのメリットになるでしょう。
イベントの際には花を会場の飾りとして置くことがありますが、生花では重量面で難がありました。
しかしこの方法で作られた花であれば重量も非常に軽く、大量に花を飾りたいような環境であっても簡単に搬入することが出来るというのが強みになります。

livedoorニュースで快適な暮らしを実現しましょう。

また見落とされがちではありますが「花粉アレルギーのリスクがない」ということも挙げられるでしょう。

生花ではどうしても花粉の問題がありますから、花粉症の人や病院へのお見舞いということでは時折問題があることもありました。しかしプリザーブドフラワーでは花粉が飛ぶリスクがありませんから、そうした花粉の問題があって花を贈れなかった人にも贈れます。
こうしたプリザーブドフラワーならではの利点をしっかり理解し、美味く活用するようにしましょう。