インテリア用品などを検索すると、プリザーブドフラワーという言葉が目に入りますが、具体的にはどのようなものを指すのかきちんと理解しておきましょう。

プリザーブドフラワーとは、枯れない花として特殊な技術を用いて生花のみずみずしさや美しさを、長期間楽しめるように加工された花のことです。

プリザーブドフラワーについての情報を提供しています。

似たような状態の加工された花で「ドライフラワー」があります。


これは、花や草木を乾燥剤を使用したり、自然乾燥で乾燥させたものを指します。

そのため、花の形状や色を残すことはできますが、みずみずしさや色の鮮やかさは失われてしまいます。

また壊れやすくなってしまうというデメリットもあります。
これに対して「プリザーブドフラワー」は一旦花の樹液を抜き取り、特殊なオーガニック系の染料を吸わせてから乾燥させて作られます。

そのため、花本来のみずみずしさや鮮やかな色も残すことが出来ます。質感もドライフラワーよりも柔らかく、より生花に近い雰囲気を味わうことが出来ます。

生花にはない色合いの花を作ることも可能なので、よりアレンジの幅も広がり楽しむことができます。

教えて!gooが話題になっています。

生花とドライフラワーの間のような存在でもあるプリザーブドフラワーは、保存状態が良ければ2年程度はその美しさを楽しむことが出来ます。
特殊な技術を使い、手間のかかる加工のため若干効果にはなりますが、長期間美しさを楽しめるという点で、決して高くはないでしょう。

色々な種類の花があるので見ているだけでも楽しめます。